読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

strange journal

strange journal

 

 

 

 

 

Greeetings, user. userへ
If you can finally read this, that means you are near the Tower. これを読んでいるということはきっと塔の近くまで来ているのだろう。
   
The Tower is the domain of an elusive Entity. 塔は曖昧な存在の場所なんだ。
This being is connected to the world. それはこの世界へ繋がっていて。
For now, you can think of it as the spirit of the world. 今はこの世界の精神と考えられる。
   
It has no physical form, but it can communicate through computers and other machinery. 実体は持っていないが、コンピュータなどの機械を通して通じることができるんだ。
   
...You know who I am talking about, of course. …誰の事を言っているかは分かっているだろう。
   
When you first arrived here with our savior, it no doubt contacted you rigth away. ここに救世主と初めて来た時、すぐあなたにコンタクトしたに違いない。
   
Through its own means, the entity will guide the both of you to the Tower. その存在は、独自の手段によって二人を塔に導くだろう。
   
The entry room is at the Tower's base. 入り口は塔の一番下にある。
Not only do you need the sun there, but also three pieces of the previous sun. 太陽だけでなく、3つの前の太陽の欠片が必要だ。
   
The savior will not be able to do anything there. 救世主はそこでは何もすることは出来ない。
You, user, on the other hand... そこであなただ、user
   
Look at the pattern on the floor. Do as it says. 床の模様を見て、その通りにするんだ。
The window will be gone, so you need to bring it back. 窓が消えたら、それを戻す必要がある。